大谷翔平やばい

このサイトには広告が含まれています

大谷翔平やばい

WBCの強化試合での2打席連続ホームラン、凄かったですね。

これほど野球における主人公って他にいるのだろうかって思います。

しんしゃ

こんにちは、しんしゃです。WBC楽しみですね。

いよいよWBCが始まります。

私の周りはそれほどスポーツに興味がある人が少ないので、そこまで盛り上がっていませんが、私は楽しみにしてます。

ついこの前、阪神との強化試合がありました。

その時に大谷選手は2打席連続ホームランを打ちましたが、阪神の才木投手、富田投手含めて素晴らしい内容でした。

プライベートが忙しく掲載が遅れましたが、この記事はWBC開催前に執筆しました。

目次

第一打席は空振り三振

第一打席は空振り三振。

阪神といえばポテンシャルの高い投手が多く、それを見事に発揮した形となりました。

1球目は外角高めのストレートを見送ってボール。
2球目は見逃しのストライク。
3球目は外角のストレートを打ってファウル。
4球目で空振り三振。

阪神の才木投手のストレートに押された結果となりましたが、素晴らしいストレートを投げていたので、仕方がなかった感じでした。

ちなみに強化試合では、大谷選手はこれが最後の三振でした。

第二打席でホームラン

第二打席で膝をついたホームランを打ちました。

1球目は外角高めのフォークを見送ってボール。
2球目は低めのストレートを打ってファウル。
3球目は外角低めのストレートを打ってファウル。
4球目に膝をつきながらバックスクリーンへホームランを放つ。

打った大谷選手はもちろん凄いのですが、ここでも才木投手のポテンシャルの高さが出てました。

この前の近藤選手に対して、才木投手のストレートは球速が落ちていましたが、大谷選手の時は球速は戻っていました。

かなり気合を入れて投げていたと思います。

最後フォークを打たれてしまったのですが、ストレートは間違いなく才木投手の方が押していました。

ストレートだとどうなっていたのか気になるところではありました。

第三打席でもホームラン

第三打席でも大谷選手はホームランを打ちます。

1球目は外角低めのストレートを見送ってボール。
2球目はファウル。
3球目は外角高めのストレートを見送ってボール。
4球目は高めのストレートを打ってファウル。
5球目は外角低めのカーブを打ってファウル。
6球目は外角高めのスライダーを見送ってボール。
7球目にセンターへのホームランを放つ。

このホームランなのですが、バットを折られながらもホームランを打ちました。

大谷選手のパワーでもっていった形になりました。

大谷選手が凄いのは私生活から

大谷選手は私生活から野球のことしか考えていないそうです。

メジャーで怪我したときでさえ、試合には出られませんが、トレーニングはしていたそうです。

例え怪我をしたとしても、その時にできることを常に考える。

これだけ普段から準備を怠らないからこそ、本番で結果を残せなかったとしても前向きに捉え、納得できるのでしょう。

この姿勢は、私も見習いたいと本当に思います。

最後に

オリックスとも強化試合をおこないましたが、そのときは四球とヒットでしたので、大谷選手は5打席中4出塁と素晴らしい結果に終わりました。

さすがメジャーのMVPに迫った選手です。

WBC本戦でもご活躍を期待します。

以上

目次