[ワードプレス]Swellテーマの強み

このサイトには広告が含まれています

結局のところ、ワードプレスのテーマってどれが良いの?

ワードプレスのテーマはたくさんあります。

この時に困るのが、どれが良いのかわからないところ。

自分に合うテーマなんて言われても、お試しで触ることができないのだから、わかりようがない。

テーマは結構高かったりします、誰だって失敗したくありませんよね。

どのテーマが良いのか、具体的にお答えします。

しんしゃ

こんにちは、しんしゃです。趣味でブログをやっています。

ワードプレスを始めるにあたって、考えるのがテーマの選択。

みなさんは、どのようなブログのテーマを使っていますか?

初めての人は無料ブログのテーマを使っていると思いますし、慣れている方は有料のブログテーマを使っている方が多いと思います。

そこで本記事では「なぜ有料のブログのテーマが良いのか」、「なぜSwell(スウェル)のテーマが良いのか」を紹介します。

今回ご紹介するSwellでどういったものが作れるのか、今一度ご確認ください。

SWELLのデモサイトを見てみる

目次

有料のテーマが優れている理由

thumbnail_work_04

最初に、有料のブログのテーマが良いと言われている理由を上げます。

有料のテーマが推されている理由
  • 無料のテーマでは備わっていない機能を使うことができる
  • 無料のテーマで使えている機能も、有料のテーマだとより簡単に時間をかけなくすることができる
  • SEOに強い

上記の推されている理由において、有料のテーマにしか備わっていない機能が使えること自体はそこまで大きいことではありません。

最近は無料のテーマでも十分機能が揃っています。

ですが、ブログ活動は時間との勝負でもあります。

どの人のブログでもそうですが、記事制作はある程度の傾向があり、デザインも統一性があることがわかります。

つまり、同じ機能を反復して使っていることが多く、それらを効率化するために有料のテーマが役に立つということです。

また、有料のテーマにはある程度のSEO対策がされていることが多いこともあります。

SEOについて詳しい人であれば、必要ないかもしれませんが、「SEOってよくわからない」って人は、無難に有料テーマを購入した方が良いでしょう。

初心者の人は、まずは無料のテーマで始めるべき

ここまで有料のテーマの解説をしてきましたが、初心者の方は無料のテーマのブログで大丈夫だと私は思っています。

なぜなら、ブログ活動は思っているより困難で、忍耐が必要だからです。

初めは小さく初めて、継続できるか判断しましょう。

具体的に言えば、2000文字くらいの記事を3つほど書いてみると良いです。

その時に、長期にわたって継続できそうなら有料のテーマをできるだけ早く買いましょう。

なぜ、できるだけ早く買った方が良いのか。

それは、テーマを変えると、ブログや記事のデザインが崩れてしまう可能性があるからです。

ブログの記事を制作をするときに、見出しを付けたり。文章を囲ったり、文字の色を変えたり、吹き出しを入れたりすると思います。

テーマを変えると、そういったデザインが崩れる可能性があります。

記事の数が増えるとそれだけ直すだけで手間がかかるので、早めに変えることを推奨します。

私は10記事ほど公開した後にテーマを変えましたが、記事を直すだけで1日かかりました。

Swellテーマが優れている点

ワードプレスのテーマには様々なものがあります。

その中でも、なぜSwellのテーマが良いのか紹介します。

Swellの強い点
  • ブロックエディタに完全対応
  • 読み込み速度が速い
  • 日本製
  • 今もアップデートしている
Swellの弱い点
  • デザインが被る
  • クラシックエディタを使いたい

Swellの強み

ワードプレスのブロックエディタに完全対応しているのは、現状Swellだけです。

他のテーマは一部の機能で対応していたり、していなかったりと様々です。

ワードプレスはブロックエディタを推奨しているので、そちらに合わせた方が良いと思います。

また、Swellは未だに更新し続けています。

ワードプレスのテーマはどれも高いので、長期的に使えるものを選んだ方が良いでしょう。

また、Swellを導入するとサイトの読み込みが早くなります。

ワードプレスの管理画面の読み込みも早くなるので、作業をスムーズに行うことができます。

記事の編集作業の読み込みが遅いと感じている人はかなりおすすめですよ。

ワードプレスのテーマは購入後にサポートを受けられることがありますが、英語ですと何かと不便に感じることが多かったりします。

Swellは何かあったときも日本製なので、安心してサポートも受けることができ、ブロックエディタで作業ができることから、直感的にブログ運営ができるようになるので、初心者の最初の一つ目にもおすすめです。

Swellを使うにあたって注意すること

Swellは日本で一番使われているテーマと言われています。

そのためSwellを使っていると、「この人もSwell使っているんだな」って何となくわかります。

こちらのキャプションボックスとか、よく見ることがあります。

work04_01

自分でデザインを作ることも可能ですが、初心者の人はまずできません。

ブログのデザインが被るのが嫌なら別のテーマを選んだ方が良いでしょう。

私は日本で一番使われているテーマということは、それだけメリットがあるのだろうと判断して、Swellを買いました。

最後に

今回はワードプレステーマ「Swell」について紹介してきました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • 有料のテーマには無料のテーマにはない機能があり、作業効率が上がる
  • 最初は無料のテーマでブログ活動に慣れていき、継続できそうなら早めに有料のテーマに乗り換える
  • Swellはブロックエディタ完全対応であり、日本製でサポートを受けやすい
  • サイトのデザインが被りたくない人は、別のテーマを推奨

Swellはクラシックエディタでの作業もできますが、ブロックエディタで運営した方が、より効率的に感じることができます。

また、Swellはサブスクではなく、一度買ってしまえば、使い放題となります。

複数のブログをしている人はどちらにもSwellを使うことができ、改めて買う必要もありません。

「ワードプレスでどのテーマにすれば良いのかわからない。」

そんな方は、ぜひ利用を検討してみてください。

WordPressテーマ「SWELL」

以上

目次